Mac担当のBlog

2018年10月

2018.10.10

Macbookの蓋を開けたら1万円

 すごいお久しぶりのブログです。

 

最近はありがたいことに依頼も沢山頂きまして

日々駆け足で修理作業を行なっております。

現在、内容によってはお受けできない修理カスタマイズもありますので

事前にお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

ところで最近受けたメンテナンスのご依頼の中で

びっくりすることがありました。

 

水をこぼしてしまったMacBookから内蔵SSDの取り出す作業で

作業内容からしますとデータ取り出し(SSD→HDDにデータコピー)

だけなので5,000円の作業費をいただきました。

 

会社で使われていたMacBookでしたのでどうしてもデータを取り出したいという

よくあるパターンの作業内容です。

 

事務所にご来店いただきMacBookの蓋を開けていたところ

お客様から「再度SSD取るだけで1万円請求されたんですよ」と

言われたときに驚いて、「この蓋を開けるだけで1万円とられるんですか?」と

びっくりしながら聞いてしまいました。

 

2011年のMacBookですので後ろのネジを取るだけでSSDがとれてしまう

とても簡単な構造なのに他業者は1万円とると思ったら悔しくて悔しくて。。。。。

僕ももうちょっと値上げすればよかったと後悔しました。(笑

 

いつかふたを開けるだけで1万円もらえるような大企業になりたいとおもいます。(嘘

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

話は変わりまして、

MacOS mojaveとってもいいですね。

ちょっとハイシエラで失望しかけたのですが

mojaveはとても安定しているメリットが大きいOSですね。

 

なんといってもAdobe CS 6もチャントちゃんと動きますし

Fusion DriveでAPFSが使えたので動作も早くじゃないかなと思います。

 

今このブログも手入力じゃなくて音声認識で書いていますので

画面にもべらべら喋りながら書いています。

 

基本的にはSierra、High Sierra買っていたソフトは使えています。

 

なんといっても1番いいのはダークモードです。

これはこれは目に優しい画面になるモードです。

これだけでも最新のオペレーションシステムに変えるメリットがあります。

 

ちゃんとタイムマシーンでバックアップとってから最新にあげてくださいね。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Macの修理&買取専門店

ネクストイノベーション 大阪事務所

http://next-i.info

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1丁目9-29 

東本町ビル4階(一番奥)406号室 

電話番号 06-4395-5889

Mac担当 垣内

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

2018.10.10

テプラ。CC。ipv6。Mac。

こんにちは。

Macのお時間です。

 

Macはどんどん新しくなっていきますけど

逆に皆様ついて行っていますか?

いくら私でもついて行ってない部分も結構あります。

 

最近やっとこさAdobeCCにしました。

もう月額に負けました。たまたま私はフォトショップしか使わないので

月額1000円ほど。じゃもういいやと。。。。

CS6と使い方ぜんぜん違う。。。。めんどくさい。

 

最近インターネットが異常に遅いことに気づき。

どれどれと検索してみたら「Ipv6」というものを発見。

なんじゃそりゃと検索してみると速度がめちゃくちゃ速くなる接続方法。

じゃしなければと設定するもプロバイダーが最悪。

仕方ないのでipv6に対応したプロバイダーを契約し

夜3Mbpsだったのが350Mbpsまで改善。

まるで違う。いままでのNetfrixはなんだったのか。

こんなにすらすらyoutubeが観れるなんて。

皆様もipv6かどうかぜひお確かめください。(光回線の人)

 

テプラ買ったんですよ。

あのステッカーのようなシール作れるテプラ。

いくらMacが最先端になったとしてもラベルシールはやっぱりテプラ。

どこに貼るのかって。郵便ポストですよ。

最近ほんまにチラシ投函多すぎ。住宅がってのもあって本当に多すぎ。

なので「チラシ投函禁止!!通報するよ!」って貼ってやりました。

最近「家買いませんか?」ってのが多すぎる。

 

Macの話が一つありまして。

 

MacProというすごいデカイ箱のパソコンも

iMacっていう画面一体型のパソコンも

2009年より後に購入したMacなら、大げさな話体感速度を

現行Macのように速くできます。

 

って結構口すっぱくいうんですけどまだまだ周知されていないので

今日も言いたいと思います。

 

足を引っ張っているのはほとんどがハードディスクです。

データがいっぱい保存できるハードディスクが速度を落としています。

これさえ変えれば現行Macのように速くなり、まさに「Time is money」です。

 

違う方法で説明をするなら

MacOS High Sierraという最新に近いシステムがあります。

このシステムが入るおそらく最弱性能のMacはMacbookAir(2010年/11インチ)です。

なんとなんとCore2Duo1.4GHzしかありません。

といってもピンとこないので数字にします。

 

Core2Duo1.4GHz=1000とします。

iMac(2009/21.5インチ)は1970

MacPro(2009/4Core)は5059となんだかバンバン速くなります。

 

でも不思議なことに体感速度はMacbookAirの方が速くなります。

それこそ「SSD」のおかげ。

 

ハードディスクも数値にしてみると50

SSDは500と10倍。でも最新のMacでこそ500出せるかもしれませんけど

2009年のMacでも350ぐらいは出ます。つまり7倍。

 

全てのMacの足を引っ張っているのはハードディスク!!

これ絶対ですから次のメンテナンスの時に必ず変えてください。

とっても速くなりますから。

 

ちなみに最新のiMacProというモンスターマシンはCPUが60000です。

SSD(フラッシュストレージ)は2500です。化け物です。

値段は100万円以上しますけどねw

#SSD#速く#ハードディスク#MACOS#修理価格#MAC改造#IMAC#MACOSX#APPLE製品

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

    フィード

    ブログ内検索

    業務内容:関西一円(大阪/神戸/西宮/奈良)のMac修理、Mac&パソコンの買取、Macのメンテナンス、Mac教室、iPad&iPhone教室など。

    〒541-0056
    大阪市中央区久太郎町
    1丁目9-29
    東本町ビル 406号


    電話番号 06-4395-5889
    Copyright (C) next-innovation All Rights Reserved.