Mac担当のBlog

2017.08.14

あえて直さないMacもある。

 こんにちは!

Macのお時間です。

 

直せないMacというものがあります。

 

直そうと思えば直せるのですがすごい金額を請求することになるので

よほどの思い入れがない限りは直さないMacという意味です。

 

初めて買ったMacだから、、、、

プレゼントされたMacだから、、、

愛着があって、、、

 

といろんな理由でコスパ度外視で直す依頼もたまにあります。

 

そこまで愛されたMacも幸せでしょうね。

なので直せないことはないんですが、何か理由がないと直さないこともあります。

 

特に多いのがiMacのグラフィックエラー。

画面にノイズが入ったり、電源ボタンおしてリンゴマークは出るけど

その先が進まない、真っ白な画面で止まるなどが「グラフィックエラー」の

典型的な例です。

 

このグラフィックエラーはとにかくパーツが高い。

よく壊れる(といってももう5年以上経ってるので仕方ないのですが)のは

iMac2007-2008/iMac2009-2012の2ボディになります。

総じて言えば「iMac2007年から2012年までのグラフィックが今よく壊れる」ということ。

 

経年劣化を考えれば仕方のない事なのですが、年月が経っているので

パーツも少ないのです。

パーツもないことはないのですが

 

https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=3591

ヴィンテージコンピュータさんもこれぐらいしか今はないかな。。。。

69800円です。もう一台買えてしまう金額なんです。

なのでよほどの思い入れがないなら直したりしません。

 

でも中のデータが大事というのは別の話。

たとえMacを修復しなくても中のHDDさえ取り出してしまえば

次のMacに移植してデータやアプリなどそのまま復活することができます。

OSさえ適合すればどのMacに移植しても動きます。基本的には。

 

とりあえず起動しなくなったら、画面がおかしくなったら

お電話ください。なんとか道をご提案します。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Macの修理&買取専門店

ネクストイノベーション 大阪事務所

http://next-i.info

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1丁目9-29 

東本町ビル4階(一番奥)406号室 

電話番号 06-4395-5889

Mac担当 垣内

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

    フィード

    ブログ内検索

    業務内容:関西一円(大阪/神戸/奈良/京都)のMac修理、Mac&パソコンの買取、Macのメンテナンス、Mac教室、iPad&iPhone教室など。

    〒541-0056
    大阪市中央区久太郎町
    1丁目9-29
    東本町ビル 406号


    電話番号 06-4395-5889
    Copyright (C) next-innovation All Rights Reserved.